<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
東西落語名人選
(WX1; 手ぶれ補正夜間人物撮影モード)
b0165356_22581295.jpg


先日、神戸で東西の落語名人が一堂に会する年一回のイベントが行われました。
その翌日が大阪で仕事だったので、関西に前ノリして観覧していきました。
出演者は、江戸落語から桂歌丸師、柳家小三治師、林家木久蔵さん
上方落語から桂春団治師、月亭八方師、林家染丸師でした。
誰もが一人でホールを満員にできるぐらいの実力者で、豪華な会でした。


一番手は、林家木久蔵さん 演目は「おしの釣り」でした。
殺生禁断の池に鯉を釣りに行くお話です。
上方落語では「昆陽の御池」という名前で演じられています。
桂吉朝師の「昆陽の御池」は聞いたことがあったのですが、
江戸落語の「おしの釣り」は初めて聞きました。
「昆陽の御池」ではうやむやにして終わっていた2人目の言い訳を
「おしの釣り」でははっきりと描写してサゲに持って行き、演目名にまでしているんですね。
当代木久蔵さんは笑点でおなじみの林家木久扇師の息子さんで、
名跡を譲り受けられたばかりのまだまだ若い噺家さんなので
ハツラツトした感じで元気よく役目を果たされていました。


二番手は、月亭八方師。演目は「住吉駕籠」でした。
関西ではタレントとしておなじみの八方師匠。
落語の腕は確かです。
もっと「噺家」として評価されて良いお人だと思います。
マクラがとても面白いのも特徴ですね。
八方師匠の住吉駕籠は、酔っ払いと篭屋のやり取りの中の
浄瑠璃を語るところには行く手前の部分でサゲを付けていらっしゃいました。
持ち時間が一人25分ぐらいですから、全部は出来ないのでしょうね。
それでも非常にエンターテイメントとして完成度の高い25分でした。


三番手は、桂歌丸師匠。演目は「つる」でした。
これまた誰もが知っている、笑点の現司会者です。
実は落語そのものを聞くのは初めてでした。
いや~、想像以上に洗練された、「さすが…」と思わせるひとときでした。
噺そのものはオーソドックスな「つる」です。
1つ違っていたのは、ご隠居が知ったかぶりの苦し紛れからではなく、
初めからからかうつもりでつるの由来を話して聞かせるという所でしょうか。
しかし、所作のキレ、抑揚、サゲに至るまでの盛り上げ方、
全てが計算された完成度の高い名人芸でした。
すごいぞ!歌丸師匠!!


四番手、中トリは、元祖上方落語四天王、3代目桂春団治師匠です。
演目は「祝いのし」でした。
春団治師匠は、マクラを全く取らない、見台は絶対置かない、噺の数は増やさない、等
色々こだわりのあるお方です。
初めの挨拶も、元々低い声が小さく聞こえづらく、
かなりのご高齢であるため、「大丈夫かいな?」と思って聞いていましたら
段々と観客が噺に引き込まれていくうちに声もテンポも上り調子になり、
サゲの所では場内大爆笑でした。
名人芸ですね。お体に気をつけていただいて、長くご活躍いただきたいモノです。


中入り休憩を挟み、五番手、林家染丸師です。演目は「かけとり」でした。
元祖上方四天王の一門に比べるとどうしても地味な印象のある染丸一門ですが、
当代染丸師匠はやっぱり腕のある噺家さんです。
先日は5代目米團治師の「かけとり」を聞いたのですが、観客の笑いの量は染丸師匠の圧勝でした。
噺の中の借金取りの嗜好は「狂歌好き」「浄瑠璃好き」「喧嘩好き」「歌舞伎好き」の4パターン。
どれもが観客に伝わりやすく、笑いになるにあたっての抵抗がありませんでした。
米團治師、やっぱり「クラシックオペラ好き」は止めた方がいいんとちゃいますやろか?


さて、大トリです。柳家小三治師!演目は「馬の田楽」でした。
今回はこの小三治師匠がお目当てです!!
江戸落語の第一人者で、鈴本演芸場の年始幕開きを何年も任せられていらっしゃいます。
小三治師もマクラが長くて面白いのが特徴なんですが、今回は独演会ではないためか
それほど持ち味の「脱線」がありませんでした。
それでも、やっぱりこの師匠は言葉のチョイスとそれを話す時の抑揚、間、全てが非凡です。
ドッカンドッカン笑いを取っていらっしゃいました。
肝腎の「馬の田楽」自体はとてもオーソドックスな内容でしたけど(笑)。


今回は落語を知らない人にはさっぱり「?」な内容ですね(笑)。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-30 23:38 | 落語
2010年 09月 28日
横浜
昨日今日と仕事で横浜に行ってきました。

あいにくの雨だったのでホテルの窓からの景色を。

(E-620;ZD 12-60mm F2.8-4 SWD; ISO200; SS1/200; F5.6; 12mm)
b0165356_21401477.jpg



夜景は綺麗でした。
(E-620;ZD 12-60mm F2.8-4 SWD; ISO200; SS1/3; F5.6; 12mm)
b0165356_21402241.jpg


9月は東北を一周したりあちこち出張したりとものすごい移動距離でした。。。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-28 21:52 | 旅行
2010年 09月 24日
SIGMAがフルサイズ!?
SD1で度肝を抜かれてお尻がソワソワした直後に、
シグマがフルサイズを開発しているとの噂が。
(もう「噂」にはお腹いっぱいなんですけど、これだけはちょっと気になったので(笑))

British Journal of Photography のページの真ん中あたりの段落に記載されてますね。

「FOVEONセンサーでフルサイズ」
デジタル一眼使いなら誰しも1度は夢想したことがありますよね。

しかし、しかしです。

FOVEONセンサーでフルサイズを作っちゃうと、いったいレンズへの要求度はどうなってしまうのか。
ファイルサイズはいくらになってしまうのか。SAマウントから変更になるのか?

もしかすると全くの新マウントでライバルは645Dあたりを想定しているのかもしれませんね。
ここら辺全てが「開発中」で、立ち消える可能性もあるのでしょう。

まずはSD1シリーズをきっちりと仕上げて欲しいです。

フルサイズに行くユーザーのほとんどはSD1の評判を見てから行くでしょうしね。

がんばれ!シグマ!!
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-24 13:09 | その他
2010年 09月 21日
SD1!!
b0165356_20233322.jpg


すごいカメラが発表されましたね。

有効画素数4600万ですか。
FOVEONセンサーの画素ピッチを狭くしサイズを大きくして1500万x3層を達成。
シグマ渾身のカメラという感じですね。
DP1でもあれだけの驚きを見せてくれたFOVEONですから、
このSD1はいったいどうなってしまうのか!?
ネイチャー派の私はそわそわしてしまいます。

シグマと言えばそのカメラのメカニカルな弱さが指摘されますが
噂ではSD1はE-3のボディと11点クロスAFをOEM供給されているとか…
オリンパスがカメラボディの最先端を行っているとは言えませんが
シグマの弱点をカバーぐらいの技術はあるでしょう。
シグマは良い選択をしたのではないでしょうか。
もしもそうなら、オリ側にはどんな技術が供給されるのか…まさか、センサー?

それにしても4/3→SAアダプタがもしも存在すれば、
きっとE-5をキャンセルしてしまってますね。
それぐらい久々にワクワクするカメラです。

SAマウントのレンズも最近はいいできのものが出てきているようですし、
シグマが画質市場に堂々と打って出てきましたね。
SD16じゃなくてSD1というのがシグマの気合いを感じさせますよね。
1D、D3、SD1と並び称される日が来るのかもしれません
しかも噂では7Dあたりと価格が同じとか!?

オリンパスにガックリし続けた心にはあまりにもワクワクするニュースでした。

がんばれシグマ!
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-21 20:44 | その他
2010年 09月 21日
ZUIKOレンズ搭載コンデジ
b0165356_054961.jpg


ZUIKOを冠したレンズを搭載したコンデジが発売されるらしいですね。

ZUIKOブランドの知名度が今以上に上がったら、その優秀さをもっと広く知ってもらえたら、
オリンパスの未来はもっと明るいモノになることは間違いないでしょう。

と、応援記事を書こうと思っていたら

「元祖4/3レンズの開発は打ち切り」
「100マクロは中止」
「既存レンズのSWD化も無い」
との記事が…orz

基本的に今のラインナップで困ることはありません。
薄々感づいてはいました。
しかし、さすがに寂しいですね。
がっくり来ます。

そのうちディスコンにするのでしょうか…?
ふぅ。。。


(9/22追記)

オリンパスから正式に火消しコメントが出たようですね。

以下、デジカメinfoさんの記事を抜粋します。

***
(「フォーサーズ用のレンズは開発しない」というインタービューの発言に関して)オリンパスに真意を確認するために連絡を取ったところ、他の言語への翻訳が元の意味を歪めてしまったようだ。

(インタービューの)元の発言には「現時点では」という言葉が含まれていた。言い換えると、「現在はフォーサーズ用のレンズを開発していない」ということだが、これはフォーサーズ規格のレンズに未来がないということを意味するわけではない。

「我々は現在、マイクロフォーサーズ用レンズの開発に集中している。しかし、フォーサーズシステムのテクノロジーは生きており、我々は必要な場合はそれを使用するだろう」とオリンパスは主張している。
***

もはや行動で示してもらわないとユーザーは安心しないと思いますが、
オリンパスさん、やる気があるならロードマップを発表してはいかがでしょうか?
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-21 00:12 | その他
2010年 09月 20日
「え?ポチらないんですか?」
(LUMIX DMC-L10; Leica SUMMI 25mm F1.4; ISO100; SS1/200; F1.4; 25mm)
b0165356_1403680.jpg


息子がそう言ったような言わないような。

父親が仕事以外のことで悶々としていたのとは無関係に息子は元気一杯です。
彼にはいずれE620とZD2528から引き継いであげようかな(笑)。

「どうしてオリンパスを選んだの?」

息子にそう聞かれたときに、答えに窮するような状況にだけはしないでくださいよ。
オリンパスさん。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-20 01:45 | 家族
2010年 09月 17日
……………ポチ。
(DP1)
b0165356_2212153.jpg



ポチりました。

えぇ、ポチりましたとも。今の心はこの海のように穏やかです。

15%off+15%off+HLD4+予備バッテリー

来年中にはこの割引率には到達しないだろうと思い、
最近の高感度耐性向上の噂にも後押しされ、
手元のSHG、HGレンズのポテンシャルを引き出せる誘惑に惹かれ、
どうせなら縦グリストラップも付けてくれりゃー良いのにと思いながらポチりました。

やはり、なんやかんや言ってもZUIKOレンズが好きなんですね。

ISO1600で7D(?)とD300(?)と良い勝負が出来るんであれば、
E-5には優秀なZUIKOレンズやパナライカを使える分メリットがあります。
僕の場合は鳥屋でもスポーツ屋でもないので連写も別に要りません。

しかし、オリンパスの企業姿勢に賛同した訳では決してありません。
元祖4/3への情念を見せて欲しいと今も思っています。
次がE-7かモジュラー式かは分かりませんが情念を燃やした熱いボディを出して欲しいです。

最後に、うちの財務大臣に感謝。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-17 22:09 | その他
2010年 09月 16日
みちのく一人旅 竜飛崎~弘前編
竜飛崎の最先端でゲリラ豪雨と落雷の中一夜を過ごし朝を迎えました。

このあたりは海岸線部分の平地が本当に狭く、
海から順に、「海、道、家、断崖絶壁」という構成になっています。
なので、街は道路に沿って一直線に発展しています。交差点なんて滅多にありません。

宿はその最先端にあったため、当然来た道一本道を引き返して街に向かいます。

(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/3; F8; 16mm)
b0165356_22262858.jpg

「え?」

崖が崩れています。
街へとつづく一本道が土砂に埋もれています。。。
ポカーン。。。としていると、隣に立っていた漁師さんが
「こんな事は20年ぶりだ」とつぶやいていました。
20年に1度の出来事に遭遇したわけです。
笑うしかありません。。。。

立ち尽くしているうちにブルドーザーがやって来てくれました。土砂をかき分けてくれていますが時間はかかりそうです。
(E-3;ZD 50-200mm F2.8-3.5; ISO100; SS1/30; F8; 69mm)
b0165356_22263861.jpg



待っている間に、竜飛岬の名物、「階段国道」を見に行きました。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/40; F8; 14mm)
b0165356_2235955.jpg

日本でただ1つの国道の指定を受けた階段です。
当時の役人が現地を見ずに地図を見ただけでこの道路を国道指定したことが原因のようです。
面白いことがあるもんですね。


結局3時間ぐらいの待ちで道路は開通し、竜飛岬灯台へ向かいました!
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/500; F8; 18mm)
b0165356_224210100.jpg

竜飛岬灯台でも到着の瞬間は晴れでした!ついてるんだかそうでないんだか(笑)

竜飛岬灯台付近から北海道方向を臨んだ風景です。
津軽海峡が眼下に広がっています。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/500; F8; 14mm)
b0165356_2372238.jpg



竜飛岬の南に眺瞰台という展望台があります。
津軽半島北部で一番の高台に作られて場所でなかなかの眺めです。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/250; F8; 14mm)
b0165356_23133413.jpg



津軽国定公園の「七つ滝」です。「清流により涼が得られる…」と解説がありますが
昨日の豪雨のためにこうなってます。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/1250; F4.5; 28mm)
b0165356_23204841.jpg



十三湖の横を通って弘前に向かいます。
海抜が低いために道は大変なことに。
(WX1)
b0165356_23293834.jpg



白神山地・岩木山へ向かう予定をキャンセルし、おとなしく弘前市でのんびり過ごすことにしました。
晩ご飯は津軽三味線を聞けるライブハウスで。
津軽三味線良いですね!
あの叩き付ける演奏は津軽ならではで、ビンビン心に響きました。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO400; SS1/50; F2; 17mm)
b0165356_23351554.jpg



たまった着替えを選択したり、ゆったり散歩したりと、
車で走りっぱなしの旅の中でゆったり過ごす貴重な日になりました。
白神山地と岩木山には晴れた日にいつかリベンジします。

さて、翌日は十和田湖を経由して男鹿半島まで。

to be continued...
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-16 23:39 | 旅行
2010年 09月 15日
みちのく一人旅 尻屋崎~竜飛崎編
E-5発表にヤキモキしながらも、とりあえず書き始めた旅日記を終わらせなければ。

尻屋崎の寒立馬に別れを告げ、大間町の大間崎を目指します。

下北半島は風が強く、風量発電用の風車が何本も立っています。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/80; F8; 35mm)
b0165356_2152348.jpg



津軽海峡を右手に見ながら海岸線をひた走ります。
(WX1)
b0165356_21561676.jpg



ついに到達しました!
本州最北端の地、大間崎です!!
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/640; F6.3; 14mm)
b0165356_220689.jpg



大間と言えば、マグロです。
いただいてきました。マグロ丼。
「ほっぺがおちるような!」と、言いたいんですが、「ふぅ~ん。おいしいね、普通に」という感じ(笑)
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO400; SS1/13; F4; 19mm)
b0165356_2282515.jpg



さて、大間漁港といえば、個人的にとても思い入れがありまして。
昔、感激した「魚影の群れ」という邦画の舞台が大間漁港だったんです。
今は亡き夏目雅子さんと緒形拳さんの父娘が最高の映画でした。
わざわざ探してDVDを買ったぐらいです(笑)。

そんな話を先ほどのマグロ丼を食べたお寿司屋さんのご主人としていると、
なんとそのご主人が子役で「魚影の群れ」に出たと言うではありませんか!!!
そこから話に花が咲きまくり、何十年も前の映画のマニアックな話題が続きました。
横に立ってた奥様の苦笑いが忘れられません(笑)。

そして、なんと、緒形拳が乗っていた漁船がまだ現役で係留されているというので
小躍りしながら撮影してきました。
映画では「第三登喜丸」として登場します。
現在のこの舟のオーナーのお父さんがマグロ漁の名人だったそうで、撮影時頼りにされていたそうです。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO400; SS1/8000; F4; 14mm)
b0165356_22123012.jpg



大間漁港に別れを告げ、下北半島から津軽半島へ渡るための陸奥湾フェリーの乗り場へ移動します。
途中、下北半島の観光地として有名な仏ヶ浦に寄りました。
海岸線まで降りる時間はとてもなく、展望台からの狙い撃ちだけになりましたが
素晴らしい景勝地ですね!
(E-3;ZD 50-200mm F2.8-3.5; ISO100; SS1/50; F8; 59mm)
b0165356_22245491.jpg



むつ湾フェリーは下北半島の脇野沢港から津軽半島の蟹田港までを1時間で結んでいます。
陸路だと4時間以上のルートです。脇野沢発最終便が15:30というのが最大の焦るポイントでした。
Vitz君が埋まったときは本当にどうしようかと…
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/125; F8; 14mm)
b0165356_22294934.jpg



蟹田から竜飛崎に向かう途中の海岸に景勝地の袰月海岸と高野崎灯台があります。
なかなか風情のある所でした。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/320; F8; 14mm)
b0165356_22383245.jpg



日も暮れかけて、ようやく宿に到着。
竜飛崎のそのまた更に先に「帯島」という島があります。
その帯島にある、津軽半島最北端の宿泊施設「津軽海峡亭」さんに予約を取っていました。
そう、取っていました。。。。
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/20; F4; 21mm)
b0165356_22423491.jpg


電話で取ったはずの予約が取られておらずドタバタしました…
結局は部屋を一つ準備してもらえることにはなったのですが、
極端な宿に泊まって楽しめるような年ではなくなったんやなぁ…いろいろと痛感した一夜でした。
今度からはちゃんとホテルを取ろう。。。
あ、晩ご飯は美味しかったです。

そして、この夜はゲリラ集中豪雨が津軽半島を襲うのでした。
「車軸を流すような雨」が屋根を打ち、落雷が轟き、ものすごい一夜でした。
そして、夜が明けると更なる悲劇が。

to be continued...
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-15 22:50 | 旅行
2010年 09月 14日
E-5発表
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/800; F2.8; 35mm)
b0165356_19382285.jpg


正式に発表されましたね。
とりあえず発表されたことは嬉しい限りです。

まだ整理し切れていませんが、スチルカメラとしてのメカニカルな変化(進化?)は
ローパスフィルターが薄くなったことだけなんでしょうか?
ローパスフィルターが薄くなった分でるモアレなどについて、
改良した画像エンジンでソフト的に解決を図るということなんであれば、
このメカニカルな進化もソフトあってこそなのでしょうか。

AFターゲット数、連写速度に変化はなく(連写速度は5枚/秒あれば個人的にはOKです)、
撮像素子はE-620と同じ!?
満を持して登場したはずのフラッグシップ機の撮像素子自体がエントリー機と同じ!?
無理に画素数を上げて欲しいとは思いません。
ただ、フラッグシップ機の撮像素子自体になにも改良を加えなかったという発想が
理解できませんでした。
「そのぶんローパスやエンジンに改良加えたんだよ」という理屈なのかもしれませんが、
それが1年半前に出したエントリー機に積んだ撮像素子を全く改良することなく
フラッグシップに使い回した理由になるとは思えません。

撮れる写真が良くなっていれば問題ないじゃないか。

その通りです。
そう思います。
きっとE-5を買うと思います。
全レンズにイメージャAF対応してくれたのもありがたいです。

しかし、企業が発する「気概」というものが感じられませんでした。
「元祖4/3を俺たちは発展させていくんだ!」という情念が全く感じられませんでした。

これらの新機能は全てマイクロ4/3にも使える技術ですから、当然と言えば当然かもしれません。

「これからは一眼といえばミラーレスになる」
「3桁機は廃止して、購買層はPENへ」
”一眼レフ”というジャンルに支持があるうちは一桁機で細々とマイクロにも使い回せる機能を
乗せて食い延ばしはするよ。としか聞こえないですね。

やる以上は情念を燃やして元祖4/3の発展を本気で考え抜いた機種を出して欲しいです。
商売の基本ですよ。オリンパスさん。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-14 20:04 | その他