2010年 09月 08日
みちのく一人旅 牡鹿半島~盛岡編
松島4大観をへろへろになりながらも制覇!

半島の先っちょが大好きな私は牡鹿半島に向かいました。

大高森から北上し、三陸自動車道へ。
鳴瀬奥松島ICから乗り込み、石巻河南ICで降ります。
この区間は元々無料区間として開放されているそうです。
有料道路と何ら変わらない快適な道路でした。
三陸自動車道はまだまだ工事中のようですが、ゆくゆくは仙台~宮古を結ぶ構想のようですね。
b0165356_23373058.jpg



牡鹿半島の街はいたるところにクジラのモニュメントが飾られています。
b0165356_23465273.jpg



ここで、痛恨のミス。
ある程度大きい半島の先には今までの経験上必ず灯台がありました。
先っちょの旅では灯台見物もセットだったのですが、この牡鹿半島の灯台は
金華山灯台といって沖合の島の上。遊覧船に乗らないと行けない場所だったのです。。。
下調べが足りてませんでした…
せめて風景でもと思い、半島の端っこにあった展望台のある公園から景色を撮りました。
早くも惨敗です。天候もガスってます(涙)。
b0165356_23565075.jpg


牡鹿半島の先は酪農業者さんの牧場で、灯台を見に行ったはずが牛にお出迎えされて
ビックリでした。その牧場の牧草地が右下に写っています。
b0165356_23591173.jpg



気仙沼にも行きたい気はありましたが、今日は盛岡まで移動しなくてはなりません。
再び三陸自動車道に乗り、今度は西へ向かいます。
松島大郷ICで三陸道を降りてしばらく地道を走り、大和ICから東北自動車道に乗り込みました。
b0165356_0125514.jpg

b0165356_0133174.jpg

目指すは盛岡です!

何とか暗くなるまでには盛岡南ICを降りることが出来ました。
この時点で夕方の5時半頃です。
b0165356_0143935.jpg



さて、盛岡といえば「わんこそば」!!
人生初チャレンジです。
「東家 本店」さんにお邪魔しました。
b0165356_019493.jpg


下の黒いお椀がおそばを入れてもらうお椀です。
おそばは赤い小さなお椀に入れて運ばれてきます。15杯で、かけそば1杯分だとか。
左上の桶は、おそばをすすったあとにお椀に残る出汁を移すためにあります。
b0165356_028117.jpg


青い前掛けを付けていると薬味が運ばれてきました。
なんと豪華な!一つ一つがご飯のおかずになるぐらい美味しいです(笑)。
b0165356_0291550.jpg


さて、薬味もスタンバイしたらいよいよスタートです!
綺麗なお姉さんが 1 on 1 でマークしてくれます。
「はい、ドンドン。」
「はい、ジャンジャン。」
「はい、がんばって。」
「はい、まだまだ。」
「はい、もひとつ。」
・・・・
お姉さんが合いの手を入れながらおそばを入れてくれます。
15杯1セット。1セット目は楽勝です(笑)。ドンドンこんかい!
b0165356_0362447.jpg


3セットぐらいまでは余裕でした。4セット目ぐらいから「ん?」という感じになり、徐々にキツク…
薬味を食べている余裕はありません。満腹感に追いつかれるまでにどれぐらい食べられるか。
そこが勝負の分かれ目です(笑)
しかし、ついに7セット目完食で「美味しく食べられる限界」を迎えてしましました。
「苦行モード」に入ればもっと食べられたかもしれませんが、楽しくなくなっちゃうので今回はこれで終了。
お姉さんは「本当にいいんですか?まだまだ行けるでしょ~」と言っておられましたが…(限界です…)
100杯以上食べたらもらえる手形はゲットしたので良しとします!
b0165356_041483.jpg


パンパンになったお腹とふくらはぎを連れて盛岡の宿へ。
1日目から全力で遊びました!


b0165356_0461940.jpg

Vitzは14147km。初日に369km走りました(笑)。


移動ルートです。こうして地図に書き込むとまた面白いですね。
b0165356_9295781.jpg




翌日は盛岡から三陸方面へ。

to be continued…
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-08 00:46 | 旅行


<< みちのく一人旅 盛岡~とどヶ崎編      みちのく一人旅 仙台 青葉城・... >>