2010年 09月 14日
E-5発表
(E-3;ZD 14-35mm F2; ISO100; SS1/800; F2.8; 35mm)
b0165356_19382285.jpg


正式に発表されましたね。
とりあえず発表されたことは嬉しい限りです。

まだ整理し切れていませんが、スチルカメラとしてのメカニカルな変化(進化?)は
ローパスフィルターが薄くなったことだけなんでしょうか?
ローパスフィルターが薄くなった分でるモアレなどについて、
改良した画像エンジンでソフト的に解決を図るということなんであれば、
このメカニカルな進化もソフトあってこそなのでしょうか。

AFターゲット数、連写速度に変化はなく(連写速度は5枚/秒あれば個人的にはOKです)、
撮像素子はE-620と同じ!?
満を持して登場したはずのフラッグシップ機の撮像素子自体がエントリー機と同じ!?
無理に画素数を上げて欲しいとは思いません。
ただ、フラッグシップ機の撮像素子自体になにも改良を加えなかったという発想が
理解できませんでした。
「そのぶんローパスやエンジンに改良加えたんだよ」という理屈なのかもしれませんが、
それが1年半前に出したエントリー機に積んだ撮像素子を全く改良することなく
フラッグシップに使い回した理由になるとは思えません。

撮れる写真が良くなっていれば問題ないじゃないか。

その通りです。
そう思います。
きっとE-5を買うと思います。
全レンズにイメージャAF対応してくれたのもありがたいです。

しかし、企業が発する「気概」というものが感じられませんでした。
「元祖4/3を俺たちは発展させていくんだ!」という情念が全く感じられませんでした。

これらの新機能は全てマイクロ4/3にも使える技術ですから、当然と言えば当然かもしれません。

「これからは一眼といえばミラーレスになる」
「3桁機は廃止して、購買層はPENへ」
”一眼レフ”というジャンルに支持があるうちは一桁機で細々とマイクロにも使い回せる機能を
乗せて食い延ばしはするよ。としか聞こえないですね。

やる以上は情念を燃やして元祖4/3の発展を本気で考え抜いた機種を出して欲しいです。
商売の基本ですよ。オリンパスさん。
[PR]

by ojuju999 | 2010-09-14 20:04 | その他


<< みちのく一人旅 尻屋崎~竜飛崎編      みちのく一人旅 三沢~尻屋崎編 >>